HOME>オススメ情報>留意すべき点と数々のイベントに参加する意義

外壁素材の違いで将来に差が出る

男女

建築する時は間取りなどの内装に目が向きがちですが、注文住宅を建てる時は外装にも留意し、その際は10年後や20年後を見据えるようにしましょう。この点に気をつけておきませんと、先々で出費的にも大きな違いが出てしまうのです。例えば外壁をモルタルで仕上げた場合、10年から20年後には塗膜が傷むため、建築後は定期的に塗装工事が必要となります。ですがレンガ積み、もしくはタイル貼りならメンテナンスフリーですから、基本的に外壁塗装をせずに済むのです。40万円から100万円近く掛かる場合もあるなど、費用は様々ですが、一定間隔で大金が必要になることには変わりません。また、費用もさることながら、実際にはどの塗装業者に頼むか、その点で悩むことも多いため、メンテナンスフリーの家ならその悩みから解放されるのも魅力です。金銭的にも気苦労的にも違うので、神奈川で注文住宅を計画する際は外壁にも気をつけておきましょう。

最適な選択は多くの情報を得てこそ可能

男女

住む人の理想に合わせて住まいを設計できるのが注文住宅の醍醐味ですが、それだけに依頼先はしっかり選ばねばなりません。神奈川には豊かな実績を持つ施工会社が揃っているので、先ず工務店やハウスメーカーが主催するイベントに参加して、各社の特徴を知るのが一番です。それぞれの特色や強みが把握できれば、自分の家を建てるのに相応しい施工業者が見えてきます。情報を沢山持てばそれだけ正しい判断ができるようになりますから、モデルハウスに訪れたり、セミナーなどへ参加したりしましょう。それらに参加すれば各社のスタッフとも直接話す機会が得られるため、個々の社風や対応といった部分も判断できるようになります。注文住宅ではプランを練り上げるために担当者と何度も打ち合わせすることもありますから、施工会社との相性は意外に無視できない選択基準です。

広告募集中